増大器具、増大手術の一長一短

陰茎を鍛える

陰茎トレーニングとは陰茎を増大するためのトレーニングで筋トレにも似たところがあります。

陰茎は陰茎の少し上の方から伸びている筋肉とおしりの方から伸びているPC筋という筋肉で構成されています。

陰茎トレーニングはこの二つの筋肉を鍛えて陰茎を大きくして硬くしたり太くしたりすることを目的としたトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は付近だったりスクワットだったり、実際に陰茎を伸ばしたりするトレーニングというものがあります。

以上のようなトレーニングを毎日することにより、勃起したときの硬さが上がったりすることができるといわれています。

毎日これらの陰茎トレーニングを着実に行うことにより、勃起したときのギンギン具合を手に入れることができます。

陰茎マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージがあります。ジェルキングと呼ばれている方法で、ジェルやクリームで陰茎をマッサージして血流を改善して増大する方法です。

ジェルキングの方法には次のようなものがあります。陰茎を蒸しタオルで温めて、陰茎を反勃起状態にしてジェルで親指と人差し指を使って亀頭側に引き延ばしていくというものです。

ポイントとしてはスライドするときに陰茎の根元から血液を流し込むような感じで亀頭側にスライドしていきます。

陰茎増大クリーム

陰茎を大きくするための専用のローションが販売されています。

普通のジェルとは違って陰茎への血流を改善する成分がたくさん配合されていて、普通のローションで陰茎マッサージをするよりも効果が高いといわれています。

増大クリームの効果は塗った瞬間に陰茎がすぐにあたたかくなってきます。

この陰茎増大クリームは先ほどの陰茎増大マッサージと同時にやることにより陰茎への血流効果を発揮してくれること間違いなしでしょう。

メンズサプリを飲む

メンズサプリには欠かせないシトルリンやアルギニンなどという成分が贅沢に配合されています。

シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることが難しいので、メンズサプリなどをつかって積極的に取り入れましょう。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリで効率的にたくさん摂取することにより、男の勇気が湧いてきます!

自分でビッグな男になるためには、メンズサプリを使ってみるのがおすすめです。

男の自信を大きくするには

男の自信を大きくしたいのであれば、ペニトレとメンズサプリを同時に使うことがおすすめです。

ペニストレーニングの効果を劇的に引き出すためにはペニスの成長のための栄養素が体内に必要です。

メンズサプリは体内から男の自信を促すものですが、ペニストレーニングは外部から圧力をかけて、細胞を大きくさせるものです。

男の自信効果を高めるには、外部からのトレーニング内部からの刺激によって相乗的にアプローチしましょう。

ミルキングとは

ミルキングというのはその名前の通り乳搾りのような要領で男の自信を大きくしていくトレーニングです。

ミルキングに期待できるのは、ペニスへの血流促進効果です。

いざミルキングの手順ですが、まずペニスを半分勃起した状態にします。そしたら次に、ペニスの根元から小指から親指まで波を描くように順番に握っていき、まさに乳搾りをしているような要領で握っていきます。

小指から順にペニスを握ることにより、ペニスへの血流が根元から亀頭の先まで届くようになります。

血流が亀頭まで届くようになることにより、亀頭の成長も期待できますし、カリが高い亀頭になることができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人には、この乳搾りの要領で男の自信を大きくしていくミルキングという手法が一番おすすめです。もちろんペニス全体を大きくしたいという人にもお勧めの手法です。

ジェルキングとは

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかって、ペニスの竿全体に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くする、血流を促進するの二つが主な目的です。

ジェルキングの手順を解説すると、まずペニスを半勃起状態にしてローションを塗ります。そしたら親指と人差し指でつくった輪っかでペニスの根元からカリまで往復運動をします。

ジェルキングというのは自分の手を使った男の自信器具で言うところのポンプに当たりますね。ペニスはそもそも体の内部に埋もれている部分が大きいので、その部分を指を使って外に引き延ばす感じです。

体内に埋もれている部分を外に引き延ばす手法なので、ペニスの長さに悩んでいる人にはうってつけの方法ですね。

ジェルキングにもミルキングと同じくペニス全体への血流促進効果を期待できます。

男の自信方法を比較する

男性であれば人生で一度はペニスサイズを大きくしたいとか、平均と比べてどれくらいなのかと気になったことがあると思います。

自分のペニスを勃起させて定規で測ってみたり、銭湯やサウナで他人のペニスをチラ見してしまった経験があることはあると思います。

自分のペニスに自信があれば問題ありませんが、平均値より何センチも小さかったり、チラ見した他人のペニスより自分のペニスが小さかったりしたら自信をなくしてしまうと思います。女性とのセックスにも消極的になってしまうことと思います。

そして、男の自信を大きくしたいと思っても、何をすればいいのかわからないという人がほとんどだと思います。

ペニスサイズに自信がない人のために、どうやったらペニスを一番効率的に、コスト面も安く抑えて、最大限に増大できるのかを紹介していきたいと思います。

真っ先に思いつくのは増大手術だと思いますが、その他にも有名なものとしては増大器具だったり、増大トレーニングだったり、メンズサプリがあります。

増大手術とは

男の自信を大きくしたいけど、手術をしてまで増大したくないというひとはほとんどだと思いますが、実際に増大手術には、どれくらい費用がかかって、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

増大手術にはどういうメリットやデメリットがあるのか解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの土台部分である人体を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入してカリ首を大きくしたり太さを大きくしたりというものがあります。

すべてに共通していえることは、確実にペニスの増大ができるということです。手術の内容によっては差がありますが、最低でも数センチは大きくすることができます。

増大手術自体も1時間以内で終わるものがほとんどなので、日帰りでかえることができます。

上記がメリットですが、次はデメリットについて解説していきたいと思います。手術は必要不可欠な病気というものではないので、保険適用外なので費用が高くなってしまいます。

ヒアルロン酸を注入して亀頭だけを大きくするというものであれば、数万円ですが、メスを入れるようなものだと数十万円かかることもあります。

また、麻酔が切れてから痛みや腫れなどがでることもあるので、術後はしばらくセックスやオナニーができません。

増大手術の最大のデメリットは勃起したときのサイズは増大できないというものがあります。

大金を出して手術したのに、勃起したときのペニスサイズが変わらなかったら意味がないと思ってしまいますよね。

実際に手術をしようと思っている人は事前にどういうメリットやデメリットがあるのか認識しておきましょう。

増大器具をつかった増大

器具には大まかに分けて牽引タイプとポンプタイプの二つがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、ひっぱる圧力をかけることにより、ペニス全体の細胞を大きくすることができるという代物です。

牽引タイプの器具というのはペニスの竿部分を引っ張って増大させるというものです。

これらのメリットは器具を使って直接的にペニスに圧力をかけるので、効果を実感しやすいということがあります。

実際にペニスが目に見えるくらい大きくなるまでには時間がかかるとおもいますが、途中でなんらかのペニスへの刺激を感じることができれば、モチベーションを維持したまま使い続けられると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては、短期間で圧力をかけることになるので、ペニスに過度に負荷をかけてしまうということでしょう。

他には、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしてもめんどくささがでてきてしまうと思います。

もう一つの牽引タイプの増大器具のデメリットは装着する時間が長いと言うことです。休憩も入れると5時間くらい装着し続ける必要があります。

睡眠中に装着していると寝返りをしたときなどに外れてしまったりすることがあるので、睡眠中に付けるのは辞めておきましょう。

つまり、起きているときはほぼ牽引タイプの増大器具を装着しておくことが必要になります。男の自信器具の購入を考えている人は安いものを使わないようにすることも大切です。

安い増大器具を使うと、痛いだけで実際に増大できないこともあるのので、安いものを使うのはおすすめしません。

メンズサプリのデメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいという手軽さとコスト面が安いということがあります。

メンズサプリに配合されている成分は男の自信を取り戻したり健康増進効果や滋養強壮成分が盛りだくさんに配合されています。

男の自信のメカニズムから自信増大サポート成分を厳選しているのです。

用法用量を守って飲むようにすれば薬のような副作用のリスクは全くなく、安心安全に男の自信を目指すことができます。

商品によっては、GMP工場で製造されているので、原材料や製造工程においても安全性が高いといえるでしょう。